今日からチャレンジできる!行政書士試験に合格するためのコツ

行政書士に独学でなるために

行政書士は非常に難関の国家資格と思われがちです。実は、独学で合格の道を切り開くことができるんですよ。街の本屋で販売されている過去問題集と六法、テキストの各一冊で試験対策の勉強を充分に賄えます。3冊購入しても1万円以上かからないため、主婦の方も家計への負担を過剰に気にせずに勉強を開始できます。書き込みスペースのある六法を選択すると学習効果のアップを図り、試験に向けて効率良く勉強を進められます。間違った答えを覚えないように工夫しながら、問題集をガンガン解く方法も合格の近道ですよ。これらの勉強を1日1時間程度、約1年間継続することで行政書士の合格切符をゲットする可能性が高まります。

60パーセント以上正解するための考え方

行政書士の試験では全60問出題されており、300点満点中180点以上とれば合格できます。60パーセント以上正解すれば合格できるなんて楽勝の試験だと思われるかもしれませんが、合格率は10パーセントなんですよ。問題の約半数を占めている基礎知識は反復して暗記すれば難なく解けます。残りの半分は行政書士としての応用力を試す問題が出題されており、合格ラインに達成にはただ単に暗記するだけでは不可能です。過去問題集を複数回解くことで問題の傾向を理解し、対策を練ることができますよ。また、本試験に向けて模試を受けるると、苦手分野を見つけて勉強の内容を見直しやすいです。

行政書士試験に落ちる理由

行政書士は難関国家資格のために何度も落ちてもしょうが無いよねと思う方が多いかもしれませんが、複数回に渡って受験する資格ではありません。コツコツと時間をかけて勉強していても、行政書士としての応用力を意識した内容の学習が不足している方が不合格者の大半を占めています。一般知識は個人情報保護を重点的に学習し、ニュースや新聞からの情報の収集を習慣的に行っていれば、ほぼ問題なく解けるでしょう。法令に関しての応用問題に取り組む時間を多めに確保すると、合格の可能性が見えてきますよ。

行政書士の試験では、法律に関する内容が多発しますから、法律の一通りは把握した方が、試験の合格率は高くなります。