税理士の資格を得るための勉強!目指すことの大事さ

科目別に勉強できます

日本の国家資格の中でも難しいとされているのが税理士です。これは会計、税務に関する請負ができるようになります。非常に難しい資格ではありますが、極めて価値が高い資格でもあります。では、どのように勉強すれば良いのか、といいますと科目別に試験ができますから、それを目指すことになります。ちなみに資格が自動的にもらえることもありますが、極めて例外的であり、または上位資格を得る、と言うのが条件ですから、ほぼ気にしないで良いです。

受験資格も必要になります

税理士試験とは無条件に受けることができるわけではないので厄介です。その受験資格はいくつもありますがベストであるのが日本商工会議所簿記検定一級になります。これができれば基本的な知識はある、ということでもあるからです。もちろん、そこから更に科目ごとに勉強する必要がありますが、そもそもこの資格に合格できないような人は税理士試験にも合格はできないので基本としてはまずは日本商工会議所簿記検定一級を目指すべきです。

科目はどこから手を付けるか

実際に一級を取得して、いざ税理士試験となりますとどこから勉強すればよいのか、という問題が起きます。これは基本的にはいくつか決まっています。一つが必須科目から勉強することです。これが財務諸表論と簿記論です。基本中の基本になりますし、いつかは合格する必要がありますから、早い段階でクリアしておいたほうがよいです。簿記論から手を付けるのが一般的です。最も税理士試験の基本であり、妥当であるといえるからです。

税理士の講座はたくさんの種類から自分に合ったものを選びやすくなっています。また簿記の知識がない人のために簿記講座とセットになっている講座もあるため一からスタートする場合も心配がいりません。